部下のモチベイションを上げるために優秀な上司が投げかける4つの質問

鞭を打ったところでその場しのぎの仕事はこなせるでしょうが、所詮はこなすだけになってしまいます。

仕事に従事するもの自らがモチベイションをあげて自発的に動いてくれることがもっとも生産性が高まります。

ではどのようにすればいいのかという素朴な疑問。

部下たちが仕事を楽しみながら高率的に働けるために上司が部下自身に問いかける質問についてまとめてみました。




優秀な上司が投げかける質問4つ

キーワードは”上司が話を聞く”です。

毎日の仕事のモチベーションを3つあげると?

部下とのコミュニケーションの内容として、こういった質問の仕方で問いかけると、その人物が何をエネルギーにして仕事をしているのかが読み取れます。

それからは質問に答えた部下がなぜそれでモチベイションが高まるのかを深く掘り下げて理解することで、他の違う仕事でも生かせる強みにつなげらっれるかもしれません。

最近で仕事が楽しかった日は、どんな一日でしたか?

これを彼らに投げかけることで、楽しかった仕事を思い出し何がどう楽しかったのか、モチベイションに繋がったのかをあなたに教えてくれることでしょう。

そこであなたのしなければいけないことは、彼らが楽しみを感じた仕事に再現性があるのかないのかの見極めと、日々の仕事に同じように取り入れることができないのかを考え実行することです。

今週した仕事を一言でいうと?

彼らの本心を聞き出すために、短文でかつ一言で仕事を表現させます。

その一言を掘り下げて一緒に考えることで、彼ら自身も気づいていなかった問題解決につながるかもしれません。

こういった難しい回答をせまる質問のあとには、きちんと向き合って話をすることは大前提。
話終えたあとも話をしてくれたことに感謝し、話しやすい雰囲気づくりを引き続き行っていく努力を怠たらないようにいたしましょう。

より生産的に仕事をするために私にできることは?

この質問をするときには、自分だけでなく部下のスケジュール調整もしてやりお互いたっぷりと時間の余裕をとり話を聞いてください。回答を急がすのはご法度です。

答えるのに躊躇しているようであれば、直近で「楽しくなかった仕事」を聞き出してください。それをあなたが知ることで自分であればどんなサポートができたかを考えてみてください。

まとめ

この質問は「部下をどのように扱えば管理しやすくなるか」ということではありません。

部下がどうしたら活き活きと働けるかを知るための問いかけです。

Follow me!